もう怖くない!ダイエット中の太らない焼肉の食べ方

2019年10月8日
もう怖くない!ダイエット中の太らない焼肉の食べ方

こんにちは!六本木のLimeパーソナルトレーニングジムで食事指導担当の工藤です。

今日はみんな大好き(?)焼肉のお話です♡

たまにたまらなく焼肉食べたい日ってありませんか?

でもやっぱり、ダイエット中だと躊躇してしまいますよね😭

そんな皆さんに今日は、太らない焼肉の食べ方を伝授しちゃいます♡

同じ焼肉を食べても、太る人、太らない人には違いがあるんです!

ではさっそく見ていきましょー!

ダイエット中でも焼肉を食べていいの?

まず、焼肉は良くないと思われがちですが、お肉は基礎代謝を高めてくれるたんぱく質が豊富です。

お肉を食べる事によって筋肉がつきやすくなり、代謝がよくなります。

お肉の中でも赤身肉には鉄・ビタミンB群や脂肪燃焼を促すLカルニチンが豊富に含まれています。

お肉を食べると消化に多くのエネルギーを消費する上に貧血も予防してくれるので、女性にも嬉しいですね。

太らない焼肉の食べ方

1.焼肉を食べる前にキムチを食べる

焼肉を食べる前にキムチを食べることにより発酵食品のキムチに含まれる乳酸菌が代謝をアップしてくれるので、脂肪燃焼効果が期待できます。

キムチ1グラムには1億から8億の乳酸菌が含まれているんです!

この数はヨーグルトに匹敵する量です。

他にもキムチには辛味の成分「唐辛子」が使われています。

辛味成分のカプサイシンは毛細血管の血行を良くして体を温めてくれます。発汗作用や脂肪分解効果があります。

他にもカプサイシンには胃を刺激することによって胃液の分泌を促進し、弱った胃を整えてくれます。

殺菌作用もあるので、胃潰瘍になりにくくなる効果もあるんです。

特に、カクテキがダイエットにはお勧めです。

なぜなら、大根のキムチであるカクテキは美肌を作るビタミンCがたっぷりです。

また、大根は生で食べる事によって様々なダイエット効果のある酵素を摂取する事ができます。

実は生の大根には100種類以上もの酵素が含まれているのです。

しかし酵素は加熱に弱いので、生で食べられて乳酸菌も豊富なカクテキは焼肉ダイエットにぴったりです。

また、キムチ以外でもサラダやスープから食べるのも良いですよ

2.ジャスミン茶や烏龍茶、緑茶を飲みながら一緒に食べる

一緒にジャスミン茶などのお茶を飲むのがお勧めです。

ジャスミン茶には体脂肪を分解してエネルギーに変え、脂肪と燃焼を助ける効果があるとされています。

また、ジャスミン茶にはリラックス効果もあり、女性ホルモンを整える効果もあるとされています。

ですので、お腹が空いてイライラしている時に飲むと、リラックス効果で過食を抑える事ができます。

さらに、殺菌作用もあるので、焼肉の次の日に気になる口臭を抑える事もできます。

それだけだなく、美肌に嬉しいビタミンCやビタミンD、ミネラルも豊富なので肌荒れが気になる人にもおすすめですよ

ただ、お茶を飲むことによって食べた分が帳消しになる、というわけではないので注意してくださいね!

3.お米と肉を同時に食べない

焼肉といったら一緒に白いご飯をもりもり食べてしまう方、気持ちはわかりますが要注意です!

同時に食べてしまうと、血糖値が急激に上がり、脂肪になりやすくなってしまいます。

ここはぐっとこらえて、まずはキムチやサラダやスープ、もしくは肉のみから堪能した後に、後からご飯もどうしても食べたい場合は食べるようにしていきましょう!

4.タレ選びに注意する

焼肉のタレにも要注意。お肉は糖質量が少ないから、どれだけ食べても大丈夫、と思っていると危険です。

一緒に食べる甘みのあるタレはお砂糖が沢山使われている為高糖質で、お肉を沢山食べるのと同時に知らず知らずのうちに大量の糖質を摂取してしまう恐れがあります。

一般的な甘い焼肉のタレではなく、さっぱりしたポン酢のようなものやレモンテイストのもの、塩を使うようにしましょう!

お肉本来の味が味わえますよ♩

焼肉で太りやすい部位とダイエット中にお勧めの部位は?

焼き肉にはカルビ、ロース、レバーなど、様々な部位があります。

続いては、ダイエット中にどういった部位がおすすめかを解説していきます。

太りやすい焼肉の部位

カルビ

カルビは脂質が多いので避けるか、食べても少量を楽しみましょう。

脂肪分の多いお肉は胃もたれや消化不良を起こしやすくします。体質によっては下痢の原因にもなります。

太りづらいオススメの部位

ハラミ

ハラミは横隔膜の背中の薄い部分で、100gあたりのカロリーがカルビと比較して100kcal以上も低いんです!

ロース

脂質は多めですが、赤身のロースも代謝を上げて脂肪を燃やしてくれる【L-カルニチン】が多く含まれています。

また、ハラミやロースなどの脂は網の上で焼く事で2030%脂が落とす事ができます。じっくり焼いて余分な脂肪を落としてから食べましょう。

レバー

レバーは鉄分が豊富です。レバーに含まれる「レチノール」には美しい肌や髪を育てる効果があり、パソコンなどで疲れた眼精疲労やドライアイを緩和してくれます。

ビタミンB群もたっぷりなので、糖や脂肪を燃焼してくれます。

代謝が下がっている体を太りにくい体にしてくれるレバーは冷え性の人にもぴったりです。

センマイ・ハツ・ミノ

センマイ・ハツ・ミノは脂肪の少ない低カロリーホルモンです。噛みごたえもあるので満腹感があります。

内臓系のお肉を多めに食べるのが焼肉ダイエットの重要なポイントです!

最後に

こんな風に、ちょっとしたことに気をつけながら楽しむだけで、お肉を食べても太るのを防ぐことができるんです

焼肉が食べたくなった際には以上のことを頭において、ダイエットにも気を遣いながら食事も楽しみましょう!

また、ついつい食べ過ぎてしまわないよう腹八分目も意識しましょうね😁

ではではまた✨

LIMEパーソナルトレーニングジムの体験お申込みはこちら!

この記事の執筆者:フードアナリスト 工藤 梨央

フードアナリスト工藤梨央がこちらを向いて笑っている

工藤 梨央のインスタアカウントはこちら

この記事の監修者:管理栄養士 小峰侑

管理栄養士 小峰侑さんがこちらを向いて笑っている

小峰侑の詳しいプロフィールはこちら!

関連記事