ダイエットの強い味方!簡単しっとりサラダチキンのレシピ❤︎

2020年1月13日

こんにちは!☀️

Limeパーソナルジム六本木で食事指導担当の工藤です。

 

さて

今日は めんどくさがり屋なりに放置して気づいたらできちゃうサラダチキンのレシピを紹介します(⁎˃ᴗ˂⁎)

サラダチキンといえば

高タンパク質低糖質食材の代表格‼️

ともいえますが

コンビニのものは添加物がおそろしく沢山含まれているんですよね😱

そんなものは気にしない!という方も多いかもしれませんが毎日食べ続けているとやはり健康に良くないというのはご存知の通りです。

個人的には、なんだかあの身体に優しくない味の方が苦手で

ダイエットに良いとはわかっていても、市販のものはあまり食べたいと思えなかったりもします。

そんなこんなで大体は鶏胸肉が安い時にまとめ買いをして

買ってきたらすぐにジップロックに入れて

フォークで穴を数カ所開けてから、塩糀漬けにするなり

塩胡椒するなりし

沸騰したお湯の火を止めて

いれて、放置( ⁼̴̀⁻̫ ​⁼̴́ )

おかずにしたり、お弁当に入れたり、サラダに加えたり

使い道たくさんなので、便利ですよ。

サラダチキン(プレーンタイプ)のレシピ

では、早速レシピをご紹介します!

材料

  • 鳥ムネ肉 1枚(約300330g
  • 塩麹 大さじ1と小さじ120g
  • 顆粒状コンソメ 小さじ1

 

1.鍋に水をたっぷり入れ沸騰させる。沸騰したら弱火にする。

2.清潔なフォークで鳥ムネ肉を数か所さして穴をあける。(フォークで刺す時には、パックの上で作業すると洗い物を減らせます。)

3.ポリ袋に塩麹とコンソメを入れ、袋の上から手でもんで溶かす。(コンソメは加熱中に溶けますので、完全に溶けなくて大丈夫です。)

4.3のポリ袋に鳥ムネ肉を入れ袋の上から手でもんで調味料をなじませる。(ムネ肉を袋の中で回転させると調味料がなじみやすいです。なるべく広げて入れてください。)

4.空気を抜きながらポリ袋の口を結ぶ。

耐熱のジップロックも良いです。

鍋に入れ、コンロでもっとも火が弱い状態で鍋のフタをしないで2分煮る

5.2分後、火を止め鍋のフタをして約1時間放置する。(放置している間は、ポリ袋の口が鍋から出るように鍋のフタをかぶせてください。) 

6.1時間後、湯から取り出し、肉汁を捨てずに自然に冷まして完成

※食べる直前にポリ袋から取り出して好みの厚さに切り、袋の中に残った肉汁をかけて、お召し上がりください

タンパク質は、毎食手のひら一枚分の大きさ分🤚(体重にもよるので、あくまでも目安です)必要なのですが、

食事指導をさせていただいている中で初めは殆どの方が足りていない印象があります。

痩せたいといいながら、

まず野菜(1350g必要です。かなり多いです!)と、タンパク質をしっかりと補えていないんです。

さて、皆さんは毎食きちんととれていますか?

それなのに空腹を我慢してるのは、もったいないです。

とはいっても、外出先だったり、忙しい生活の中で、それが難しいお気持ちもよくわかります。

(その為、Limeの食事指導では、お客様一人一人が実践しやすい方法をご提案させていただきます。)

まずはその2つをしっかりと補うことができれば

お菓子の無駄な完食を控えることだってそんなに辛くはなくなるはずですよ。空腹を我慢する必要は本当はなく、カロリーだけで考えるのもNGです。

お菓子の方が好きだからと、必要な栄養素をとらずにお菓子だけでカロリー計算してしまう方もたまにいらっしゃるのですが、

お菓子の500キロカロリーと

バランスの良い献立の500キロカロリーは

全く違います‼️

どちらが太るかは一目瞭然ですね。バランスよく食べれば太りづらいですし、

反対に偏っていれば、カロリーはとっていなくても太ります。

ご自身に足りないものは何かみつけてみてくださいね(*ˊᵕˋ*)

毎食写真にとって記録していく、レコーディングもおすすめです🌟

ご自身の目で、食べているものを冷静に把握してみることから始めてみてください。

食べてないのに痩られない

と感じている方も、

案外食べてしまっていることに気づけるかもしれませんよ☺︎

ではではっ✨

LIMEパーソナルトレーニングジムの体験お申込みはこちら!

この記事の執筆者:フードアナリスト 工藤 梨央

フードアナリスト工藤梨央がこちらを向いて笑っている

この記事の監修者:管理栄養士 小峰侑

管理栄養士 小峰侑さんがこちらを向いて笑っている

小峰侑の詳しいプロフィールはこちら!

[b]

関連記事